えつねぇの気まぐれ日記

気ままな独り言です
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大阪は合理的

別居結婚かぁ
今でこそ 普通だけど
当時は 変わってるって批難されたのでしょーかぁ


「賑やかの 大好き」
「子供たちに どんなお料理作ってあげよーか」
「どんな洋服 作ってあげよーかなぁ~」

「楽しくって 面白くって 家のコト夢中になり」
「そのうえで 仕事も きっちりやっていきたい」

「一人で何もかも一生懸命頑張って」
「私 パンクして破裂しないかなぁ」
「そうなったら 二人が ダメになってしまう」

「一緒に暮らすの ちょっと待ってもらいたい」
「仕事が落ち着くまで このままでいい?」

と、町子。

「いつまで?」

と、聞く徳永先生。

「私が もういいかなぁ~ と想うまで」

と、返す町子。

理解のある徳永先生に出会えた町子は幸せなんだろーねぇ~

確かに・・・ 
理解があって 羨ましい 良き旦那さま
だと想います。

確かに・・・
仕事を持つ女性との結婚で、
二人の良い関係を保つには
この選択がベストだと想います。

が、町子にも もう少し歩み寄って欲しいなぁ~
と 感じました、心の。

うーん
「私が もういいかなぁ~ と想うまで」
って、これが 少し引っかかりました。

でも 今日の展開を見てると

「大阪は 合理的で 解り易く シンプル」

と 言うことだから
町子は 合理的で 解り易く ストレートに 
徳永先生に 言ったのでしょう


【 2006/10/13 (Fri) 】 「芋たこなんきん」 | TB(0) | CM(4)

「粋」と「野暮」

「粋」と「野暮」、うーん なかなか 面白いですねぇ~

粋な生き方をしてる人って 確かに少なくなってきたかも・・・


「やたら 公演やスピーチが上手い人が 野暮」
「しどろもどろで もたもたしてるほーが 美学があると想う」
と。

「ハゲを出してるほーが 粋で」
「人工的に繕ってるのが野暮だと想う」

と、言う町子に

「いや カツラつけてても その本人が納得してたら それは粋」
「心の問題」

と、返す徳永先生

「女に いちいち逆らうのが 野暮」

「初めに 女の鼻っぱしらを折る男のほーが 粋」

「帰りぎわ 次の約束するのは 野暮」

「ほな またな で帰るのが 粋」

「良かった 同じ意見やった」


この二人って
ある程度 年齢を重ね 落ち着いたカップルだからこその
言葉の遊びが 心地よく伝わってきますねぇ

なにげに ズレれてるよーに見える会話も
同じ方向を向いてる・・・ そんな感じがします。


子供にとっての母は、亡くなった天国にいる人
母親ではなく 自分の好きな人と一緒になる
その好きな人が 新しい家族になるのだと。

昨日でしたかぁ、
「子供たちに言ったのか?」と言う問いに

「まずは 夫婦」
「夫婦になる自分たちが 仲良くできれば それは子供たちに伝わる」
 (でしたっけ?)

こう言った 徳永先生の考えに 改めて納得ですね。


母親になるのではない
好きな人と一緒になりたい
一緒にいてて楽しい、
あの人といれば これからの人生 ものすごーく楽しくなるんだろーなぁ

って、二人とも同じ想い


いろいろ 大変な事も一つや二つではないと想うけど
きっと この二人なら なんとか 上手く 
」に生きていくのでは?


【 2006/10/12 (Thu) 】 「芋たこなんきん」 | TB(0) | CM(0)

篤田川賞?(笑)

えっー 篤田川賞???(笑)
町子が受賞した文学賞って・・・

田辺聖子さんは 確か 
'64年に「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニー)」で「芥川賞」を受賞してるから
そっかぁー このことね~?
いよっ 上手いねぇー 「篤田川賞」かぁ~
つーか コテコテで 普通に笑えましたぁ・・・(笑)


で、もう来週は結婚?
テンポが速いですねぇ~

あっ 仕事は辞めたのよねぇ~
ってことは、「金物商店・佐々木商店」の社員である「レギュラー」の二人はもう出ないの?

「文学学校」の 池内先生や小川くん、神田役の友近さんも しばらく出ないのかなぁ~?

過去に遡ったりしながらの展開を考えると
また そのうち 出てくるかも



今日 町子が徳永先生に言った一言

「5人も 可愛い子供さんが いるのに 残念だったでしょう」
「なんで神様って 時々 小さい子供の傍から」
「親を とりあげてしまうの?」

わぁー 胸が熱くなってきたぁー
ホントだよぉー 
神様って・・・
桜ちゃんを 可愛い輝一ちゃんの傍から とりあげてしまうんだもの!
全て「純情きらり」と結びつけて視聴する性、
笑って下さぁ~い(汗)


【 2006/10/07 (Sat) 】 「芋たこなんきん」 | TB(0) | CM(14)

「芋たこなんきん」

今週から 「純情きらり」に変わって 
「芋たこなんきん」が放送されてますねぇ


「純きら」から卒業できず
未だに どっぷり浸ってる管理人です
なので 毎日upできませんが、
のんびり やっていこーと想ってますので 宜しくお願い致しますm(__)m


新喜劇テイストで まさに「ザ・大阪」
作家・田辺聖子さんの自伝をベースにした作品とのこと、
しばらく まったり視聴していきたいと想います。


ご存知だと想いますが
あおいちゃんの 実兄・宮崎将くんが
  ( 「さき」のつくり「大」ではなく「立」です、正しく表示されず「崎」を使ってます、あしからず)
少女編に出演されるそーなので、それも楽しみです。


相変わらず 食事シーンが多く しかも美味しそう
「純きら」出演者も口を揃えて仰ってましたね

朝ドラって 開始早々 なにげに 食事のシーンが多いですよね~ 
撮影しながら 共演者の親睦も兼ねてるってことなのかも?(笑)
スタッフさん GJ です


それにしても BKに「吉本枠」ってあるのかなぁ~
吉本芸人さんの多いこと、多いこと・・・
つーか 朝からテンション高ぁ~(笑)


町子が通う「文学学校」の講師・池内幸三役の板尾創路さんが
早くも 10/7の「土スタ」に登場です
こちら



【 2006/10/04 (Wed) 】 「芋たこなんきん」 | TB(0) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。