えつねぇの気まぐれ日記

気ままな独り言です
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ウェルかめ」第102回

めっちゃかっこええやん

いややわぁ~ 

一気に 一平に惚れてしもうたぁ~

一平の心がこんな真っ直ぐで pureで 根っこがしっかりはってる。

チャラ男に見えるけど(笑

ちゃんと地に足がついてる。

地元・美波町をこよなく愛し

その漁を活気づかせようと 

若手育成を買って出る

全て 波美ちゃんを愛するがゆえ

こんな めっちゃかっこええ一平 見たことないやん

優しくって 頼りがいがあって ほんまかっこええ!!!

なんでぇ?

なんで こんなかっこええ一平を選ばんの~? 波美ちゃん

ロボット頭の勝乃新のどこがええの~?

「1+1=2」や「数式・方程式」に 心の機微が加わる訳やないでぇ~

ちーと考えたほーがええんちゃう?(笑



時間はうつろう それは普遍的な法則

お金なんかどーにでもなる

世界中旅してきた自分が一番わかる

思い立ったら吉日

って、

おい 勝乃新! 

「アルデ」での一平の熱弁が 

スイッチ入れちゃったかぁ~


こでれ 一気に盛り上がってしまうんかぁー!!!



何べんでもゆーよ

ほんま考えたほーがええんちゃう? 波美ちゃん

まだ 遅くないよぉ~(笑



一平の存在がここにきて 

勝乃新に 大きな意味をもたらすことには賛成なんやけど

うーん もうちーと システムで考える勝乃新を燃え上がらせる何かが欲しかったなぁ~

思うねんよぉ~

「結婚」を決めた勝乃新の心の機微が 

もうちーと丁寧に描いて欲しかったなぁ~て。

第88回の勝乃新みたいに。

そやかて 「結婚」なんやから・・・

まっ 勝乃新のシステム頭でいろいろ分析した結果

「1日も早く君との時間をつくりたい」

これが 勝乃新が導き出した答え「結婚」なんやねぇ





先日の「トークショーPart2」がupされてまぁーす

ここ だよ~





でぇー 来週は・・・

 * 注 ) ネタバレになります

































「父さん 簡単に許してくれる訳ないでぇーだぁ」

の 加代母さん さっすがやぁ~

「あかんわぁー!!!

って 今まで見たことのない激怒するテッシー父さんを見ると

いばらの道って感じやねぇ 波美ちゃん

許してもらえるんやろかぁ

で、海に入ってくのは誰?

もしかして・・・ 勝乃新?

そんで その人を追いかけてくテッシー父さん

ひと波乱も ふた波乱も ありそーやね

でも

「ほなって 他におるんか? あんたと結婚してもええなんて」

って優しい言葉をかけてたのも母さんやったね

「俺と結婚してくれ」

あらら スーツ着てる一平が波美ちゃんをハグしてるよぉ~

そんで そんで 

一平が 花嫁姿の波美ちゃんの手と取り走ってるしぃー

先日 波美ちゃんの結婚相手が発表されたけど

まさかぁ 花嫁を略奪するんかぁ

最後の最後まで諦めない一平は 一発逆転を狙ってるっちゅー感じやねぇ(笑

こんな一途な一平 嫌いやないです(笑

つーか 略奪しちゃぇーーー(笑

来週もいろんな展開が待ってるねっ

「これがうちらの波や!」 

めっちゃ楽しみやわぁ~







【 2010/01/30 (Sat) 】 「ウェルかめ」 | TB(0) | CM(2)
う~ん。
こんにちわ。毎度毎度のちーこです。
この2日間はなんだかいろいろ詰め込みすぎてついていけない感じでした…。

波美ちゃんは結婚のことと同時にもう一度「世界につながる仕事」ということに向き合って、口から出ちゃったプロポーズの時よりは結婚願望v-164に見えるし。

一平の海と波美への熱い思いは伝わってきたけど…。
それが全部「波美のため」。
付き合ってもいないのにそれは…う~ん。
真剣でこんなに真面目な一平は初めてで考えてるんだなとは思うけど独りよがり感がぬぐえず。
世の中のカップルでどれだけ相手の幼いころエピソードを知ってる人がいるんだろう?
それを知ってるから心の距離が近い?
う~んv-394


正直、どの言葉が勝乃新の気持ちにスイッチを入れたのかが分からないです。
徹夜明けのウニ脳みその結果…なのかな?

昨日、プロポーズの後「お金ない、養われへん」って言って一平が波美を養っていけるように働いている話を聞いて何で「お金はどうにでもなる」になったんだろう…。
謎。謎。謎。です。

>うーん もうちーと システムで考える勝乃新を燃え上がらせる何かが欲しかったなぁ~

私も同じこと感じました。論理的に考える勝乃新を見たかった。
「少しでも一緒にいる時間を作りたい」=結婚になるまでのプロセスを…同棲じゃなくて結婚っていう結論になったプロセスを…。
これが大東くんのいう「不思議な男 山田勝之進」なのかなv-362
でもまぁ「カメ子がカメ子だから好き」で「少しでも一緒におりたい」そう思うようになったってことは勝乃新とっても進歩ですv-218


まぁプロポーズした後の不安そうな勝乃新はかわいかったですけれどもv-398

ということでめっちゃ楽しみやった土曜日ですがなんだか消化不良。

そしてまたまたぶっ飛んだ次回予告。
次回予告の最初のシーンで一週間の結末が分かってしまうんじゃないのか!?
とでもなんだかいろいろ楽しそうですv-407

またまた長々と失礼しました。
【 2010/01/30 】 編集
Re: う~ん。
☆ ちーこさん ☆

いつもどーもありがとーございますv-435
いろいろお話できて楽しいでーすi-179

> この2日間はなんだかいろいろ詰め込みすぎてついていけない感じでした…。

確かにちょっと詰め込み過ぎかもって感じでしたねv-356


> 波美ちゃんは結婚のことと同時にもう一度「世界につながる仕事」ということに向き合って、口から出ちゃったプロポーズの時よりは結婚願望v-164に見えるし。

仕事で忙しかったり悩んだりした時 
好きな人が傍にいてくれたら 心身共にホッとできるし 
次へのエネルギーを貰えるって心から感じたのでしょーね。
波美ちゃんちで一緒にv-275を飲んだ時(チューv-413した日) 
ホントにそう思ったんだと思います。
多分 勝乃新もそう感じたのでは?
だから そっこー寝てしまった 
と言うより 目覚ましが鳴るまで目を覚ますことなく
安心してホッとしてグッスリ眠れたんだと。
お互い 確かに そう思ったんだと、
2人を見てると 心から伝わってきました。


> 一平の海と波美への熱い思いは伝わってきたけど…。

熱弁を振るう一平 かっこ良かったですね
でも これって勝乃新じゃなく波美ちゃんに直接言うべきじゃないかなぁ?(笑
一平の気持ちは痛いほど伝わってきますが
いかんせん その波美ちゃんが
一平をその対象として見てないのが現実だし・・・(笑


> 正直、どの言葉が勝乃新の気持ちにスイッチを入れたのかが分からないです。

一平の話を聞いてた時の勝乃新の表情が徐々に変わってきて
ロボット頭で理詰めで考えてるように思いました。
システム工学で考えられる全ての公式を使い
分析してたのではないかと・・・
そして心のコンパスも使い
勝乃新なりに自分の心と向き合ってたのかもしれません。


> でもまぁ「カメ子がカメ子だから好き」で「少しでも一緒におりたい」そう思うようになったってことは勝乃新とっても進歩ですv-218

そうですよねi-179
一平に「波美のどんなところが好きか?」と聞かれ
「カメ子なところ」って答えてましたが
これこそが 勝乃新の本心であり本音ですよね
カメの研究してる勝乃新が
「カメ」のように不思議な部分を沢山持てて
お節介で ホットできる波美ちゃんを好きって気持ちに
気付いてるんですもの、進歩ですv-398
1日も早く君との時間をつくりたいって 
まさに「燃え上がる」寸前かぁ~?って思ってしまいました(笑


> まぁプロポーズした後の不安そうな勝乃新はかわいかったですけれどもv-398

不安な表情にも見えましたが
勝乃新自身が今まで感じたこのとない「自信」と「責任」を
感じてるのかもしれませんね。
少しづつ 人間っぽい(笑)とこが垣間見えてきて
シゲさんじゃないですが、どうなってくかホント楽しみですi-184


> ということでめっちゃ楽しみやった土曜日ですがなんだか消化不良。

来週 来週に期待しましょうi-236
今日の回を何度か見ると 
やっぱ 勝乃新がいいかも・・・・って思ってしまうんです(笑
「波美&勝乃新」コンビがいい!ってi-229


> そしてまたまたぶっ飛んだ次回予告。

波美ちゃんの相方の発表があったので それはそれとしてi-229
でも そこまでいくエピが とっても楽しみで仕方ありませんi-179
また来週も目が離せませんねe-343


> またまた長々と失礼しました。

いえいえ いいろんな感想が聞けて楽しいですi-179 
こちらこそ長々と失礼しましたv-435
【 2010/01/30 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。