えつねぇの気まぐれ日記

気ままな独り言です
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

「美女と男子」さらに続く・・・(笑


最終回の

斑目社長と一子さんのシーン



社外に飛ばし左遷させ、

ひのでプロを潰したこと

を、

すまなかったと

詫びる社長に


どれもこれも過ぎたことで

そのお陰で今の自分がいると思ってる

と、 

左遷された時

見返してやろう

引っかき傷でもつけてやりたい



思ってた一子さんも

いろんな経験して成長したんやなぁ~

と思うのが普通なんやけど

あたしは

やっぱ

遼くんやと思うねん

真っ直ぐで 正々堂々と

裏表のないこの二人やからこそや 

思うわぁ

ツインソウルである遼くんと二人三脚で

一緒に並んで同じ夢を見ながら

真っ直ぐ前を向き歩いてきたからこそや

思うわぁ




さらに


息子(遼くん)を 

これまでの人間にしてくれた

お陰で少し気持ちが通じるようになった

感謝してると 礼を言う社長


彼をここまでにしたのは 彼自身の力です

彼は自分の力で レッドカーペットを歩くんです



心から嬉しそうに誇らしげに胸を張り応える一子さん

たどころ晋也さんの「ふたり~One Day」の歌詞やないけど

まさに

「諦めない勇気があれば」

「絶望も暗闇も殴り倒して」

「魂がひとつに解ければ」

「希望という光の世界に変わる」

二人の夢であり目標でもあった「レッドカーペット」を歩く



もう一つの魂である遼くんが

実現してくれる



一子さんも幸福感と高揚感でいっぱいなんやないかって。


そう思うわぁ




たどころさんの

「ふたり~One Day」



「ハローマイラブ」



そして

「Step by Step」の歌詞

無いものいつまで数えてるより
有るものいくつ気付けるかだよ

ひとりじゃ想像も出来なかっただろう
一緒にいることでほら無限の可能性に




一子さんと遼くんの歌でしかないもん



あかん 条件反射やわ

相変わらず

胸が熱ぅーなって 

涙が溢れて 止まらんのです


何度もリピしてますわぁ~



せや

最終回のラストの図

ドラマみたいに青空やないけど
ラストシーン1   ラストシーン2






【 2015/09/05 (Sat) 】 「美女と男子」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL