えつねぇの気まぐれ日記

気ままな独り言です
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

「ごちそうさん」第104話



行けぇーーーーーーー

たいすけぇーーー



むっちゃテンション高っ!

悠太郎さん(笑






甲子園目指す泰ちゃんを

家族全員 歌を歌って送り出す西門家の図

めちゃめちゃいいーーーーーー!!!


あれ~? 悠太郎さん

ちょっと 音外してへんかった?(笑 









やっぱ

どんな時代でも

いや こんな時やから

響いてくんねん スポーツは。

元気と勇気をもらえる

うん スポーツはええーーーーー!!!






ままならない現実の中で

泰ちゃんの甲子園への夢は

皆んなの希望になったのであります





これ

これやなぁ~

ほんま 希望が沸いてくるわぁ











川久保さんと悠太郎さんの会話も

なにげに和むわぁ~


泰ちゃんにとっては叔父さんの川久保さん

大学時代の友達から譲ってもらったミットを

泰ちゃんに渡すやなんて・・・

「黙ってるのが仕事ですから」

かぁ

甲子園 今年で最後かもと川久保さんやから知り得る情報に

居ても立ってもいられんかったんやろなぁ~

ほんま有り難い話やわぁ~




先日は

居場所が無いんやったら

自分で作るっちゅー手もあるよね

と ふ久ちゃんに温かいアドバイスするしぃ




いまの西門家は

家族皆んなの結びつきが 絆が 支えが

ほんま塩梅良く描かれてて

視聴してて むっちゃ心地ええねん



けど

なんや これが嵐の前の静けさにならなければ

ええけど・・・







活ちゃんは めいちゃんの弟子なん?(笑

単純に 勝つには「カツ」やろ

の 活ちゃんの提案に

「相手もカツ作ると同点や」

と返すめいちゃんに

「さすがやなぁ~ お母ちゃん」

と、尊敬の眼差し。

試行錯誤し 一回戦に勝てば野菜とイワシのカツ

二回戦に勝てばイカ、三回戦は白身魚のカツ

そして

準決勝では「牛カツ」が食べられる「段階式カツ制度」を

考案しためいちゃんに追い付くには

まだまだ修行が足りんよ~(笑

頑張れ 活ちゃん!(笑


「みともない ミットやなぁ~」

って お料理以外にもお笑い担当かぁ~?(笑





夜なべしてミットやユニホーム繕う夫婦二人の図

これも ほっこりするねん

ほんま ええ夫婦やわぁ








時々思うねんけど(笑

あの納豆沼の西門家が ウソみたやわぁ~








けど・・・

悠太郎さんの仕事

どーなるん!?

「オレの起こした戦争じゃねぇーーー!!!」

と 竹元先生 怒鳴ってはったけど

誰もが同じことを思うてるよねぇ


美的センスの竹元先生

鉄筋不足を 

何処にどうぶつけたらええんやろ?

ちゃんと仕事がしたい 

よりええもんを 美しいもんを創りたい

ただそれだけなのに・・・ 

仕事ができない現実・・・

その竹元先生の嘆き苦しみ悲しみが

よう描かれてるシーン



先生に限らず

悠太郎さんらぁ皆んなも同じ

ええ仕事がしたいだけやのにぃ・・・



ほんま 

ほんま 辛いわぁ



「言い訳と書いてクソと読む」

へぇ~ 竹元先生の辞書には

「がっかり」のほかにも載ってる言葉やなぁ~(笑







にしても

ふ久ちゃん

諸岡さんを見る目が

キラキラ輝いてる気ぃすんねんけど・・・

思い過ごしやろかぁ~?






せやぁ

「きょうの食いしん坊」

あたしの予報では「野球チーム」やったけど(笑

「サッカーチーム」やってん(笑




【 2014/02/04 (Tue) 】 「ごちそうさん」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL