えつねぇの気まぐれ日記

気ままな独り言です
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ごちそうさん」第60話


今日も あかん

洪水で目がパンダ(笑

ほんま 毎日泣かされっぱなしや

どないしてくれるん!(笑





お静さんから 

お父さんとの馴れ初めを聞くめいちゃん

それを そっと廊下で聞いてる悠太郎さん


せやったんかぁ

師匠から聞いた話と

ぜぇ~んぶ 逆やったんかぁーーー!


一目ぼれ 初恋やってんなぁ

「あの人より優しい人 うちは知らんのやぁ」

って、どんどん好きになってったんやなぁ~

その想いは今でも・・・「未練」かぁ

ええ話やんかぁ



「悠太郎さん 初めは とっても素敵に見えて」

「でも 一緒に暮らすと 全然かっこよくなくて」

「それでも 好きで」

「前より好きで」

「そーゆー気持ちですか?」

「私 ちゃんと解りたいんです お静さんの気持ち」

「ちゃんと解ってますか?」


「あんたが娘で 良かったわぁ~」


心が通じた瞬間のこのシーン 

あかんわぁ~

目から大量の汗がぁ・・・


けど

どんだけ のろけてるんやぁーーー!!! めいちゃん(笑

「うちの嫁さんはなぁ ごっつー かぁいらしぃーんや」

と叫んだ悠太郎さんと おんなじやんかぁ

まさに「どんなキミでもアイシテル」






化け物屋敷と西門家を揶揄してきたけど

皆んなの心根は 

むっちゃ あったこーて心配りの優しい人たちばっか 

ただ 素直になれず 不器用なだけ

意地の張り合いも レクリエーションの一つ

っちゅーことやなぁ~






お父さん めちゃめちゃかっけー!!!

「この家は僕が護る」

と、

13歳から歯を食いしばって家長やってきた悠太郎さんに

ちゃんーんと筋を通してる

道理をわきまえてる

戻りたい想いを押し殺し

決してしようとしない

その潔さ


けど

ちゃーんと見守ってる

ちゃーんと解ってる

そして

ちゃーんと愛してる、家族を





めいちゃんと お静さんの会話を耳にし

自分が今まで思い描いてた父親ではなかったことに

悠太郎さんは何を想ったかぁ・・・?



あーぁ 

この父・息子の溝が埋まる

いや 

悠太郎さんが父親に心を開くエピが

丁寧に描かれることを願ってますわぁ

あるよね このエピ







「泣かなんとき」

あたしには どーしても悠太郎さんの声に聴こえるんやけど・・・(笑








えっ 竹元先生が 突然大阪帝大に赴任?

これが 何を意味するか・・・

来週やなぁ~

和枝ねぇーさんの相手・安西先生も

同じ大阪帝大の教授やったぁ

この二人の繋がりは?

うーん 気になるぅ~



その安西さんが 西門家に挨拶に来はる!?

ははぁ~ん 和枝ねぇーさんにプロポーズしたんやなぁ?



えっ! 来週の予告で

和枝ねぇーさんをぶってたのはお父さんやなかったぁ?

何? 何? 何があったん? 

めちゃめちゃ気になるぅ~





せやぁ

「ハモニカ」は、このドラマのために考案したオリジナルメニューです。

やて、公式に載ってたぁ

ここ
【 2013/12/07 (Sat) 】 「ごちそうさん」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。