えつねぇの気まぐれ日記

気ままな独り言です
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「負けて、勝つ」

NHK土曜ドラマスペシャル「戦後を創った男・吉田茂」  ここ




第一話の最大の見せ場は

なんたって 吉田茂とマッカーサーとのやり取り


「陛下による詔書をお持ちした」

と 

渡辺謙さん演じる吉田が

マッカーサーに文箱を差す

椅子に座ったまま

「そこに 入れておいてくれ」

と マッカーサー

さらに 輪をかけて

GHQ民生局局長コートニー・ホイットニーが

「閣下はそこに入れておいてくれと言ってる」

と。

それに対し

「これは天皇陛下からお預かりしたものである」

「直接閣下にお渡ししたい」

「これは 我ら国民の万感の思いがこもった詔書です」

と 涙ながらに訴える吉田

マッカーサーは立ち上がり 両手で受け取る


このシーン 涙が溢れて止まらんかった




そして

なんとも言えず心が揺さぶられたのが

アメリカ進駐軍のために国が作ったクラブで

永井大さん演じる柴田の

「納得いきませんね」

「なぜ国民は こうも簡単にアメリカを受け入れるのか不思議です」

さらに その中に知り合いの女性がいたことに気付き

「日本をバカにする行為だ」

と 

その女性のほうに歩みだそうとする柴田を制し

「バカにしてるのはお前のほうだ!」

「媚びてるんじゃない」

「勝手に戦争を始めて 負けた男の尻拭いをしてるのだ」

「女のほうが よっぽど負けっぷりがよい!」

と 

パンパン女性たちに 深々と頭を下げる池田勇人役の小市慢太郎さん


切なくって 辛くって 苦しくって たまらんわぁ~





極めつけは

「俺には何もない、この焼け野原と同じだ」

珍しく弱気な吉田のこ言葉に 泣き出す柴田

「だがな」

「戦争では負けたが」

「俺達は奴隷になった訳ではない」

「負けは負けだ」

「今度は外交で勝負だ、外交で勝つ」

「泣くな! 日本の男は顔で笑って 心で泣くんだ」



新たな未来へ歩き出そうと毅然とした姿に鳥肌やわぁ

むっちゃ感動!!!

この吉田の「外交で勝つ」宣言

この堂々たるプライドと、強い意思と覚悟

あかん あかんわぁ~

持ってかれた 一気に 

むっちゃ 芯から熱くなって 泣けてきたぁーーー



その外交で、すったもんだしてる情けない元政権

草葉の陰で吉田さん 

きっと嘆いてはるんちゃう?
【 2012/09/09 (Sun) 】 ドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。