えつねぇの気まぐれ日記

気ままな独り言です
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ゲゲゲの女房」第89回

あかんわぁ~ 不覚にもアッキーナに泣かされるとは・・・

深大寺でのふみちゃんとアッキーナに涙腺決壊やわぁ


「ふみえさんでなきゃダメなんです」

「ふみえさんが奥さんだから先生は漫画に打ち込めるんだと思います」

「ふみえんさんは」

「いつもそこにあって目立たないけど可憐な花が咲いてる」

「それでいて根っこはしっかり逞しく伸びてる野の花」

「だから 先生は安心して一緒にいられる」

と。

そして・・・

「私 先生のことが好きだったんです」

「先生の描く漫画が好き」

「先生の漫画にかける情熱が好き」

「先生のご家族が好き」

「先生とふみえさんの関係 羨ましいです」


あかん あかんわぁ~ アッキーナ


「少しづつ作ってきたんですね 二人の暮らし」

ってアッキーナがゆーてたけど

  「でこぼこなまま積み上げてきた 二人の淡い日々は」
  「こぼれた光を 大事に集めて」
  「今 輝いているんだ」

  「あなたの夢がいつからか 二人の夢に変わっていた」
  「今日だっていつか 大切な思い出」
  「青空も泣き空も 晴れ渡るように」

  「喧嘩した日も泣き合った日も それぞれいろ咲かせて」
  「真っ白な心に描かれた未来を」
  「まだ書き足していくんだ」

  「だれかのために生きること だれかの愛を受け入れること
  「そうやって今を ちょっとずつ重ねて」
  「喜びも悲しみも 分かち合えるように」

  「思い合うことに幸せを あなたと見つけていけたら」
  「ありふれたことさえ 輝きを抱くよ」
  「ほら その声に寄り添ってく」

「ありがとう」のこの歌詞がピッタリやんかぁ~





浦木さんに 

アッキーナの想いを伝言するふみちゃん

あらら これって 茂さんへの想いを浦木さんに代えちゃってるしぃー(笑

それを真に受ける浦木さん

ふみちゃんがゆーてたけど ほんま意外に純情なんやぁ~(笑





大手出版「雄玄社」の編集者・豊川さんが自ら

茂さんに漫画の依頼に尋ねてきたねぇ

あまりにも予期せぬ来訪者に

ふみちゃんも お茶出す手がフリーズしてん(笑

豊川さんの手土産のカステラ

村井家では食べたことあるんかなぁ~?(笑

浦木さん 自分がマネージャーにって

おいおい まとまる話もまとまらんわぁ~

さぁ どーする!? 茂さん

明日が楽しみぃ~





やっぱ ふみちゃん エプロンのまま深大寺に行ったんやぁ(笑

しかも ちゃっかり甘味処に入ってお茶してるしぃ(笑





【 2010/07/09 (Fri) 】 「ゲゲゲの女房」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。