えつねぇの気まぐれ日記

気ままな独り言です
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ゲゲゲの女房」第59回

「立ち別れ 因幡の山の峰に生ふる」

「まつとし聞かば 今帰り来む」


ええ詩(うた)やなぁ~


詳細は ここ 



ふみちゃんが

預けて欲しいと差し出した嫁入りに持ってきたお母さんの手作りの着物に

「これはダメだ」

「原稿料の前借をしてみる」

「これは しまっておけ」

と突き放した茂さん

めっちゃかっこよかったぁーーー!!!

あなたは 今まで質屋に預けたものは必ず受け出す

いっぺんも流したことは無い 

着る用事ができるまで 預けておいて下さい

と言うふみちゃんに甘え

結局 預けることになったけど

早く戻ってくるよう 

この「立ち別れ 因幡の山の峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む」

のお札を入れとく「おまじない」が効けばいいねっ


2人のシーンが ほんまええなぁ~

アキねぇちゃんちに迎えに行った第57回も めちゃくちゃ良かったぁ

寡黙な分 一言一言がイマドキのラブラブカップルより  

ほんま2人の繋がりが強く深く固く あったかーい感じがすんねん

不器用で寡黙やけど 太く大きな一本 筋が通ってる茂さんと

そんな茂さんを慕い 一緒に歩いてくひたむきな中にも

いざとゆう時に力を発揮するふみちゃん

一から2人で作ってきたええ夫婦に ほんまになっとう



「村井さんのことだから流しはしないよね?」

と言う質屋さんや

おばばから「良いご縁に恵まれますように」と受け取ったかんざしを

生まれてくる子が女の子やったら

嫁に行くとき持たせてあげたい母親としてのふみちゃんの大きな愛に

質屋への預けを思い留まらせた

この二つのくだりに

朝から胸が熱くなってきたよぉ~





さながら「この紋所が目に入らぬかぁー!」

ばりの 一六銀行の質札の束を見せ付ける茂さんに 

税務署の職員も納得せざるを得ないっちゅーことやねぇ(笑




にしても 

あの質札のぶ厚い束に

流れることなく ちゃんと戻ってこれるんやろかぁ・・・

って心配するがなぁ~




今日から貧乏神が登場やねぇ

「見えんけど おる」やなく

「ちゃんと見えて おる」神様やぁ~(笑

さぁ~て この貧乏の神様は いったいいつまでおるんやろ?(笑





【 2010/06/04 (Fri) 】 「ゲゲゲの女房」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。